インドのファッション産業

インドのファッション産業

インドのファッション産業

 

インドの活気に満ちたスタイルのパターン

20世紀の完成とともに、すべての話題が完成し、実際にははるかに便利で実用的な雰囲気が生まれ、スタイル会社のより安定した写真が実際に提供されました。
50年代、60年代、70年代には、インド式の状況は正確に貧血ではありませんでした。それは実際に面白くて、非常にスタイリッシュでトレンディでした。確かに、実際には、国が表示する可能性のある開発者、デザイン、有名人、さらにはスタイルスタイルのタグはありませんでした。衣服の価値は、実際にはそれ自体のデザインと素材によって評価されただけでなく、それを作成したものによっても評価されませんでした。

それは実際にはこれまでにないほどスタイリッシュであると考えられていたため、あらゆるタイプの未知のカスタマイズの方法に向けてスタイリッシュであり、理想的なスーツ、デザイン、表面を提供する数ルピーの衣服を作成する可能性があります。それを使用した高等文化の女性は、実際に多くのことを手に入れたこと、そして結果を通して彼女のラベルを提供したことを喜んでいました。

インドのファッション産業

60年代、限定された「クルタ」

「churidars」とより高いcoiffuresは、実際には女性の間のパターンでした。実は、アートや歌、映画館などのいたずらやイベントに満ちた時代であり、制限からの解放と、プラスチック映画やカバー付きポリエステルなどのブランドの新製品の承認によって実現しました。素材。

70年代には、国内だけでなく、国内だけでなく、従来の製品の輸出も増加しました。このように、世界的なスタイルは、強い色合い、花のプリント、ベルボトムとともに、MTV社会のずっと前にインドに現れました。シンセティックスはスタイリッシュに変化し、ナイトクラブの社会はスタイルの状況に影響を与えました。

非常に初期のスタイルキープ「Ravissant」がムンバイでオープンした80年代初頭に残った。その間、衣服は実際には4桁の価格で販売されていました。 80年代は実際には個人的な認識の時代であり、カルバン・クラインなどの米国の開発者が目立つようになりました。インドでも、シルエットは非常に男らしいものになり、「サルワール・カミーズ」は実際に肩パッドと一緒に開発されました。

ムンバイでの開発者ショップの発展とともに、スタイリッシュなスタイルのスタイルの社会は、実際には高額な価格とともにインド人の間のパターンでした。高額な価格の衣服が実際にスタイルの最下層に近かったことは間違いありません。しかし、顧客はすぐにオートクチュールの折り畳みに変更し、「エレガントなスタイルのスタイルの文化」という言葉が意味することを実際に説得しました。実際にはもっと高い価格が必要でした。

開発者が派手な服装を作成し、まっすぐな露出、機会、星に関連して取得することで発見したものを自分で取得することを選択したため、衣服は実際には信じられないほどのコストでした。

その後、スタイルは、それぞれがスタイル、訪問者のメディア保護、およびリストで他のさまざまなものをしのぐことを試みる手頃な機会に向かって移動したことを明らかにします。どんなタイプの新参者にとっても、スタイル会社は実際にその機会のトップスペシャリストファインクラフトでした。

90年代に

何世紀にもわたって、極端なペアリングの方向への移転は、民族的使用とともに戻ってきます(今日、インドの民族的使用市場は、実際には9000ルピーに向けられています)。これは、不況と同様に減少をもたらし、あらゆる種類の費用を負担するだけでなく、スポットライトを維持することを目指しています。喉の痛みを大幅に軽減する競合他社や、顧客の騒音理解に加えて、避けられないことが起こりました。トップに立ったときに持っていた価格は、彼らの欠点の旅を始めました。

それらの機会では、不況は実際に衣服の価格に熟練しているだけではありませんでしたが、同様にスタイルのビジネスでも明らかになりました。多くの余分なデザイン、振付師、化粧品の人、美容師、そして開発者が彼らの会社に流れ込みました。

確かにこれを使い終えていないインド風のシチュエーションに参加するだけでなく、楽しいお祝いもありましたが、進んでいきました。それは実際には要因であり、特定の安定した程度に到達し、確かにそこから、最初は21世紀の初めに、まったく新しい開発者、デザイン、およびいくつかの実用的なデザインとともにもたらされました。スタイルの話題はそれ自身の速度を速めました。

インドのファッション産業

インドスタイルの市場は世界中に独自の翼を広げています

世界的なスタイルの市場にとって、インドは実際にはデバイスと材料の巨大な輸出国です。世界中で、インドのエスニックスタイルと製品は、実際にはスタイルの衣服の生産者と家庭にとってかなりの側面として考えられています。素材では、スタイルの使用を調達する一方で、インドは同様に、世界的なスタイル分野で最も重要なゲーマーの1人として重要な機能に参加しています。
インドのスタミナは確かにそれ自身の習慣に依存しているだけでなく、同様にそれ自身の基本的な材料に依存しています。世界的に見て、インドは実際に綿の3番目に大きな生産国であり、綿の2番目に大きな生産者であり、製造された繊維の5番目に大きな生産者です。

世界市場では、インドの衣料品市場と素材市場には、作成、生の製品、マーケティングのための迅速な変更、およびスタイルの幅広い選択肢に関して、実際に認定された多数の重要な要素があります。より安価な経験豊富な労働力に加えて、スパンコール、ビーズ細工、アーリ、さらにはチッコン刺繡などの衣服に。インドは、これらのスタイルの衣服を手頃な価格で世界中のスタイルの家に提供し、トップの機会を大幅に短縮し、世界中で承認された手のひらの刺繡を扱うスタイルの効率的なシンジケートを提供しています。

インドは実際には常に縫い目のある衣服のセクションで不払いのリソースとして考えられてきましたが、ルピーとバックの変更は実際にはさらにコストを削減し、購入者を引き付けました。したがって、世界的なスタイルの家は、パーソナライズされたものと一緒に去ります、そして長期的には、細工された仕事は実際には非常に安価な価格です。